ゆび祭りを振り返る。その2〜出演者編〜

私立恵比寿中学 ←評価○ オープニングではフードをかぶり、全身を覆うような衣装を着用。これに加えて全員がサングラス。この時点でインパクトが大きかったw ステージでは隠していたものを一気に晒します。しかしステージ衣装はこれまたインパクトが大。

全員がド派手なメイクを施し、ビジュアル系ともヘヴィメタル系とも言えるような、がっつりメイクをしていたXというバンドを思い出しますw 見た目の印象が強すぎたけど、メインボーカルの子の歌っている時のヘヴィな声と普段のかわいらしい喋り方のギャップに驚きました。

乃木坂46 ←評価○ なんと清楚なグループか!衣装と振り付けがとてもかわいい。スカートの裾の使い方が上手w 手でつまんでひらひらさせたり。カーテンを体にまとっている感じ。柔らかくて、軽いカーテンのような雰囲気が清涼感を増します。

くっつき合って上下に揺れる「おいでシャンプー」などは実際に見ると何とも言えない気持ちになりますw あの女子同士の密着具合は良いですね。変更後の振り付けも彼女たちの清楚さを生かしているので変えて良かったと思います。

爽やかな風が清楚なお嬢様たちを吹き抜けていくかのよう。乃木坂46のこの透明感は他の48グループとは一線を画していますね。けっこう気に入りました。

ぱすぽ☆ ←評価◎ 彼女たちを最初に見たのはインストアでのミニライブでしたけど、あまりピンとこなかったんです。曲は「少女飛行」のようなガールズロックというところはブレておらず、航空業界になぞらえて公演の終わりには「ご搭乗ありがとうございました!」というメンバーたちは言うし、彼女たちのファンは「パッセン」と言いますし。

足を振り上げる振り付け、全体的なダンスのキレ、激しいダンスの中でも息を切らしながら歌おうとするあの姿勢。全体的に以前見たぱすぽ☆よりパワーアップした印象です。完全に興味が失せていましたが、また彼女たちの動向が気になっていきそうです。

渡り廊下走り隊7 ←評価○「希望山脈」「少年よ、嘘をつけ」と最新の曲とその1作前にリリースされた新曲を披露。この2曲、特に「希望山脈」は昭和の歌謡曲といったテイストの歌で、会場の盛り上がりはさほどではなかった。

ところが、MCを挟んで「完璧ぐ~のね」を持ってきた。これが功を奏しました。会場のボルテージは爆発的に上がり、先程までのまずまずの盛り上がりが嘘のよう。セットリストの勝利ですね。

「完璧ぐ〜のね」はワロタの曲ではキャッチーでポップなアイドルソング。とっつきやすいんですね。MCで渡辺麻友を中心に会場を煽っていたのも良かった。MIX頼みの48グループのメンバーたちはこういう煽りが得意ではないと思っていた(ヲタがMIXを叫ぶことでメンバーが煽らずとも勝手に盛り上がる感じ)ので、新たな一面を見られて良かったです。

ももいろクローバーZ ←評価◎ 心斎橋のアメ村で彼女たちのゲリラライブを見たことがあって、その時はピンときませんでした。淡々とした気持ちで彼女たちのステージに臨みましたが、淡々とした気持ちは一気に吹き飛びましたねw

アクロバティックなダンス。明らかに息が上がって声を出すのも大変そうなのに、ハァハァ言いながら喉の奥から声を出していくメンバー。「怪盗少女」では側転を見れて、近くのドルヲタたちはみな感嘆の声を上げていました。

サーカスを見ているような目まぐるしいメンバーの動き。ドラマティックな展開を見せる曲と合わせて、「これがももいろクローバーZなのか」というのを肌で感じることができました。

体力も相当にありそうですよねw あれだけの動きをしないといけないですもんねw 特に欠点らしい欠点が見つからなかったですね、彼女たちのパフォーマンスに関しては。最近売れてきていますが、パフォーマンスと売上とがうまく噛み合っているアイドルグループに思いました。

そういえば隣のハロヲタさんが「Buono!がももクロの後の出番じゃなくて良かった。」と妙な安堵感を得ていましたが、最大級の賛辞だと思います。ぱすぽ☆とももいろクローバーZはステージで魅せれるタイプのグループだと思ったので、握手会はやめてミニライブを中心にイベントをやっていくようにすればいいんじゃないかな、と思いました。

東京女子流 ←評価△ 踊りも歌もまとまっていて完成度が高いけど、正統派すぎたのか、目立った印象は残せなかったのかなと思いました。このグループはルックスが好みではありませんので僕がハマることはなさそうです。

下手くそだった印象はありません。スキルは高いものを持っていると思いますよ。もう少し突き抜けたものがあればいいと思います。今後に期待します。

SUPER☆GiRLS ←評価× 「振付に面白いものが多いのがグループの魅力」とメンバーが語っていたけど、ダサいハロプロの振り付けを見慣れているハロヲタの管理人にはさほどインパクトがある振付だとは思いませんでした。

全体的に声量が足りないよな、と。バックグラウンドの音楽に負けてしまっていた印象です。溝手るかちゃんがグループでは一番上手と思っていましたが、彼女もまた声量が足りないよなと。ダンスも東京女子流に後塵を拝する感じでスキルアップがまだまだ必要なグループだと思います。

ただ、ルックスのみでアイドルを評価するとしたら、スパガは好みの子が多いですね。おしゃれな感じの荒井玲良とか、溝手るかちゃんとかw 八坂沙織なども好きな方ですし。

Buono! ←評価◎ いつも通りの高いパフォーマンス。声もよく出ていたし、最初に歌った「初恋サイダー」でのハモリはこの3人じゃないとできなかったと思います。「ゆび祭り」では大型スクリーンを採用していましたが、Buono!登場時にこのスクリーンにはメンバーのシルエットが映し出されました。

「ももち結び」のシルエットの印象がなぜかものすごく目に焼き付いています。なかなかクールな演出でした。続いての「ロッタラ ロッタラ」は会場のウケが非常に良かったです。

サビが「ロッタラ ロッタラ」。分かりやすくていいじゃないですかw 「どれっくらい」のリズムもノれる感じだし、外向けのイベントにおいて武器になっていきそうな曲だなと思いました。

「恋愛ライダー」ではフリコピしてましたw 席の間隔が狭くて、左右に腕を広げなくてはいけないところで思いっきり振りコピできなかったのは不満ですw それで、「ロックの神様」を歌わなかったということですが、歌わなくて良かったよね、っていうのが僕の出した結論です。

歌詞の「小さなステージもあたしたちにはブドーカン」という部分を根拠に、Buono!ファンが「Buono!の目標は日本武道館」というのを期待している、というのはこれまで何度も書いてきました。

ただどうでしょう?それはあくまで我々Buono!ファンとBuono!メンバーの間で交わされた「秘密の約束事」のようなものではないですかね。他のアイドルグループが「ロックの神様」の歌詞の下りのことを話したところで、キョトンとされるのかなって。

「秘密の約束事」はBuono!とBuono!ファンだけがいる場で果たせばいいのではないですか。それはつまりBuono!の単独ツアーで「ロックの神様」を歌う、ということなんですが。

この3曲を選んで「ゆび祭り」に臨んだのは良かったと思っています。

アイドリング!!! ←評価× 人数が多すぎる。新曲と言って歌った後にまた「新曲です」、と歌を歌い、会場は戸惑っていました。「あれ、さっき新曲歌ったよね。」という微妙な空気になっていました。

会場も盛り上がりに欠いていましたね、彼女たちのステージ中は。歌と踊りで印象を残せなかったなーと見ていて思いました。ただ、菊地亜美のしゃべりだけは会場の笑いを誘っていたし、「ゆび祭り」の直前までBuono!のリーダーとメールのやりとりをしていたそうで、そのやり取りのくだりなんかはかなり面白かったです。

アイドリング!!!だけは歌と踊りではなくMCで爪痕を残した感じですw ただ、僕は歌って踊る方に魅力のあるアイドルグループを好むので、彼女たちのコンサートに行く事はこれから先はなさそうな感じです。

指原莉乃 ←「ゆび祭り」の主催者が大トリを飾る。未だCD化が発表されない新曲「意気地なしマスカレード」などを歌いました。意外とあっさりと彼女の出番が終わったと思ったら、アンコール後に会場が盛り上がる仕掛けが用意されていました。

さっしーは「それでも好きだよ」でソロデビューを果たしましたが、カップリングには松浦亜弥の「Yeah!めっちゃホリディ」が入っているんです。アンコール後にこれを歌ったんですが、知名度抜群の曲のようで、大盛り上がりに。

さっしーがその曲を歌ってからしばらくして、彼女の後ろにサプライズゲストが登場。「もしかしてあやや!?」と思いましたが、出てきたのは大西賢示っていうおっさん、ではなくてはるな愛w

濁りに濁った歌声でさっしーと共演www 途中からは2人で歌っていました。はるな愛は会場のファンに好意的に受け入れられていました。そして、2人の会話で知ることになるのですが、「ゆび祭り」のあった6月25日は松浦亜弥の誕生日だったんですね。

さっしーもそのあたりは意識していたようで、「もしかしたら松浦さんが来てくれるかも」という期待はあったようです。はるな愛が来た時の反応は「あ、誰か来た。」でしたからねw テンション上げてこーぜ、さっしーw

ラストは出演者全員によるAKB48のヘビーローテーション。昨日も書きましたがw 心優しき人がコメントを寄せてくれましたが、夏焼雅は麻里子様の位置で1人でこの歌を歌ったそうです。そんな素敵な場所にいたのか、みやはw

でもお鈴とももちペアのヘビロテもかわいくて良かったから!「ゆび祭り」は本当に楽しいイベントでした。「ゆび祭り」のレポは今回で以上となります。長文にもかかわらず最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージ等ありましたらどうぞ♪




トラックバック

トラックバックURL: http://buono.miivo.net/mt-tb.cgi/840